前へ
次へ

外構工事 の形態と特徴

外構工事は、建物の外周に関連する工事を意味します。建物の内装を「インテリア」と呼ぶのに対して、外周は「エクステリア」と呼ばれることもあります。外構工事で代表的なのは塀やフェンスのようなクローズド外構です。クローズド外構には、敷地の境界を明確にする役割があります。それらは防犯機能も備えており、外部からの不用意な侵入を防止できます。加えて、塀やフェンスを設置することで、プライバシーの確保にも役立ちます。その他、エクステリアとしては、門や駐車スペースなどが挙げられます。外構工事にはクローズド外構以外にも、周囲を囲わないオープン外構があります。オープン外構は門や塀などを設置しないので、工事費用を抑えられるメリットがあります。何よりも建物を囲わないので、開放的な雰囲気があると言えます。周囲を囲わないことで、外部からの侵入が目立ちやすくなることもあります。そうした場合は、クローズドにするよりオープンにした方が、防犯性が高まるわけです。その他、外構工事にはクローズドとオープンの中間として、セミクローズド外構という形態もあります。

Page Top